Team-PCS:二子玉川のパーソナルトレーナー。施術、各種スポーツの指導(テニス、野球など)、コーチ向けの指導方法もお伝えします。

Team-PCS指導者向けレベルアップ講習会を開催します

2013年05月15日 · コメント(1) · 講習会

「こう伝えれば、よかったのか!」
「これを、伝えてあげたい!」
  • 学校や地域のスポーツクラブのコーチ
  • お子さんにスポーツや運動を教えたいご家族の方
  • スポーツトレーナー
  • 理学療法士

など、スポーツや身体について指導を行う方向けの、
少人数制の講習会を開催します。

お子さんに、正しい知識に基づいて指導したい、
というお父さん、お母さんなど、
ご家族の方のご参加もお待ちしております。

  • クライアントさん、生徒さんのコンディションを、
    より確かに見抜き、適切な指導をしたい
  • 指導についての悩みや質問について、アドバイスが欲しい
  • 子供に、正しい動きや姿勢を伝えたいが、
    何を教えればよいのかわからない

このようにお考えの方に、お伝えできればと思います。
少人数制ですので、個別の質問にもお答えできます。

このサイトでも「できるだけわかりやすく」
身体の知識をお伝えすることを、心がけていますが、
残念ながら、文字で表現できることは限られています。

動きを観て、触れて確かめられる場合に比べ、
伝わる内容は10%にも満たないと思います。

一人でも多くの方に、正しい知識と技術が伝わることで、
身体の歪みやケガが減ってくれれば…と思います。

講習会には参加できない方も多いかと思いますが、
そういった方のお役に立つような情報を、
お伝えしていければと思いますので、
お読みいただけるとうれしいです。

講師

Team-PCS 藤本 雅章

  • 高校野球県大会で決勝へ進出
    複数の大学から声がかかる中、日大野球部へ入部
  • 一学年300人という部員数の中、一年生から試合に出場
    100m10秒台の俊足を活かし、優勝に貢献
  • 三年では、後にプロ入りする面々の中、
    東都六大学野球打率2位の成績を残す「安打製造機」
  • 卒業後、プロ球団からの誘いもある中、父が経営する会社へ
    仕事の合間をぬって身体についての知識、技術を高める
  • 退社後、トレーナーとして独立
    Jリーグ選手やプロテニスプレイヤーの
    専属トレーナーとして活躍
  • 現在は二子玉川に拠点を置き、
    一般プレーヤーからプロ選手まで、幅広いクライアントへ、
    施術、身体の知識・技術の指導を行っている

「第一線の野球で培った身体の使い方」
をベースに、様々な理論やトレーナーとしての経験を加え、
「どんなスポーツにも応用が効く身体の使い方」
を研究してきました。

Team-PCSでは、プレイヤーの方への指導のみならず、
コーチやトレーナーといった指導者の方へも、
指導方法をお伝えします。

以下は、過去に行った講習会の様子です。

講習会の部屋
seminar1
seminar2

講習会に参加された方の感想

先生が部分ではなく、全体のつながりを
よくわかっていらっしゃることがよくわかり、
非常に納得のいく説明をうかがうことができました。

ただ口頭で言われたら
“そんなこと、わかっている!”
と思うところを、動画で確認して頂き、
わが身の姿がよくわかりました。
同時にクライアントの気持ちも
少しわかった気がしました。

お客さまの声(指導者の方)

柳原 敏正さん

行く度に目からウロコが落ちるような、
本質的な動きのメカニズムを教えてくれます。

教わったことをテニスコートで実践すると、
「こんな楽にボールは飛ぶんだ!」
「こんなにスムーズに身体は動くんだ!」
というように感動したことが何度となくありました。

加賀谷 順人さん

先生は、身体に関するだけのトレーナーに留まらず、
テニスの技術指導にも優れています。
(私も一応プロコーチとして15年以上指導歴がありましたが)

先生の言葉の端々に出てくる
「鎖骨を抜く」「サーブの首の角度は」
「胸を張ってロックしてから」とかは
目から滝のようにウロコがザーーーー(笑)

その他のお客さまの声はこちらです。
お客さまの声 | Team-PCS

講習会開催の理由

これまで、メンバーを限定した講習会は、
しばしば開催していました。

しかし、
「この内容を、私たちだけしか受けられないのは、
あまりにもったいない!」

という参加者の思いから、公開の講習会を企画しました。

まだ手探りの段階で、どの程度の反応があるのかも、
わからない状態ではありますが、藤本の知識と技術に触れ、
その感動を世に広めてくださる方が、
一人でも増えてもらえれば、と思います。

開催内容、お申し込みについては、
こちらをご覧ください。
熱意のある指導者の方のご参加を、お待ちしております。

興味があるテーマや、希望の曜日・時間帯などありましたら、
ご意見をいただければ、今後の開催の参考にさせていただきます。

タグ :