Team-PCS:二子玉川のパーソナルトレーナー。施術、各種スポーツの指導(テニス、野球など)、コーチ向けの指導方法もお伝えします。

【コラム】手足が大事!(2)「手」をケアする3つの方法

2012年04月23日 · コメント(0) · コラム

radius

前回は、身体を正しく使う上で、
手足が大事である理由についてお話ししました。

1. 手足が凝っていると回復しにくくなってしまう
2. 足は身体の土台である
3. 手足をうまく使うことで身体全体を使える

手は、足と同じく重要部分ではあるものの、
あまりケアされていない部分です。

しかし、手が凝っていると、
肩や首の凝りが回復しにくくなってしまいます

なぜなら、いくら肩を揉んで血流を良くしても、
手先の血管が詰まっていたら、
結局血流は滞ってしまうからです。

そこで今回は、日頃あまり意識されていない、
「手」をケアする方法
をいくつかご紹介します。

指の皮膚を動かす

身体の調子は、皮膚に現れます。
筋肉が凝っている部分は、その上の皮膚の動きが
悪くなっています。

手も同じです。
手の指を軽くつまみ、皮膚を軽く動かしてみましょう。
凝っている指は、皮膚の動きが悪くなっているのが
わかるでしょうか。

指の皮膚を動かす

パソコンを多く使う人は、右手の人差し指や中指、
特に第一関節の動きが悪くなりがち
です。

第一関節の皮膚を動かす

動きが悪い部分は、あまり力を入れずに、
やさしく皮膚を動かしてあげてください。
やがて動くようになってきます。

皮膚については、以前のコラムも参考にしてみてください。
(→【コラム】皮膚から身体を整える(1) 皮膚で身体の調子がわかる?

親指と小指を開く

手の平の中にも、さまざまな筋肉があります。
それらの筋肉が凝って縮んでいると、
手をパーにして、親指と小指を広げることが
難しくなります。

もし手が開きにくいようでしたら、
親指と小指を開き、手の平の筋肉を
ほぐしてあげてください。

親指と小指を開く

親指と小指を開く

あまりギュっと力を入れず、軽めに。
気持ち良いぐらいでOKです。

指を動きやすい方に動かす

操体法の考え方で、
動きにくい方ではなく、動きやすい方に動かす
というものがあります。

写真のように指を上下左右に動かしてみて、
動きやすい方に、
息を吐きながら数秒軽く押してみましょう。

中指を上に動かす

中指を下に動かす

中指を左に動かす

中指を右に動かす

どこでもできるケア方法ですので、
凝っている指に対してやってみてください。
手の凝りが軽減されるはずです。


まとめます。
今回は、腕や肩の血行促進につながる、
手をケアする方法をいくつか紹介しました。

・指の皮膚を動かす
・親指と小指を開く
・指を動きやすい方に動かす

次回は、足についてお話しします。
【コラム】手足が大事!(3)足の構造は二階建て

タグ : ··