Team-PCS:二子玉川のパーソナルトレーナー。施術、各種スポーツの指導(テニス、野球など)、コーチ向けの指導方法もお伝えします。

怪我の功名

2011年01月29日 · コメント(0) · 気付き

不甲斐ないことにエルボになってしまいました(>_<) まあ原因はいろいろありますが、先生に治療してもらい、 今はだいぶ良くなりました(#^.^#) エルボになった時にボレーをしようとすると、 痛いだろうなぁ~とどうしても手を縮こめてしまい、痛さ倍増でした。 先生に相談して、みて頂ける(レッスン)ことになりました。 先生曰く、正しい打ち方をすれば痛くないはず・・・と((+_+)) まずは一番痛いと思ったバックボレー!! ラケットを立てて、手を前に出すこと!!振らないこと!! どうしても右手を身体の方に引き寄せてしまうので、 左手でラケットを持ち、前に突っ張るイメージでセット。 そこに右手を添えてラケットを右手に持ち替え、 そのまま足を運んでボールにミートする!! すると手に負担なくボールも良い感じでした。 少し感じ掴んだところでセットをもう少し高くして、もっと前に打点を 持っていこうと意識しました。 時々ラケットを倒してしまうと、やはり痛みがあります。 ラケットを立てることがいかに大事か、身体が教えてくれているようでした。 なにしろ、駄目な打ち方だと痛みを感じるからです。 言われた通りに打っていたら良い感じです。 なんだかいつもより良いボレーと気分も上々(^^♪ さあ次はフォアボレー!! フォアも同じようにと右手を前に出し、手が落ちないようにと左手を 添えて打ってみました。手にも響くし、バックボレーのように 上手くいきません。何故?と試行錯誤していたら、 先生からアドバイス!! 「もっと肩甲骨を使って」と・・・ そうだ!! 添えていた左手を添えたままにしていたので、 背中が丸くなっていたのです。 左手を意識的に肩甲骨でブロックするようにしました。 すると右手の肩甲骨も入りブロックできるのです。 あとはバックボレーと同じ要領で足を前に出して・・・ 上手くいきました。当たり良し!!我ながら良いボレーです。 普段からそうしなければいけなかったことなのに、 すっかり忘れてしまっていました。 今回は、エルボになったことで修正できたのです。嬉しい(^^♪ 何度か良いボレーしてたら、痛みがあったことなどすっかり忘れてやってました。 良かった!!良かった!! by とみちゃん

タグ : ··