Team-PCS:二子玉川のパーソナルトレーナー。施術、各種スポーツの指導(テニス、野球など)、コーチ向けの指導方法もお伝えします。

ボレーの構え

2010年08月20日 · コメント(0) · 気付き

ボレーの構え前回ボレーはかかとから・・・と、
姿勢の大事さをお話しましたが、
今日は「ラケットと身体の向き」についてお話します。

皆さん初めてボレーを習った時どう教わりましたか?
たとえば、フォアボレーの場合
上半身右向いて(右肩が後ろで左肩が前にでる感じ)から
ラケットを少し斜めにして、上から下へとすべらす感じに・・・
なんてならいませんでした?(^J^)
しかも顔を残して・・・なんてね(^.^)

私の知り合いにも、いまだに忠実にそのことを守り抜き
いまでもキチンと顔が横に残ってる方がいらっしゃいます。
ポーズも決まり、ボレーも決まったと思ったら
ボールがかえってきました。さあ大変。
もう次の動作に間に合わないのです(>_<)

私も実は近いものがありました(*^_^*)
後ろから勢いつけて打つと
パーンといいボールがいくような気がして・・・

先生は「一切横は向かなくていい」とおっしゃいます。
常にただ前をむいて打ちなさいと・・

衝撃でした。
前むいたままでいいボールがうてるとは思わなかったからです。
しかもラケットはまっすぐたてたままでいいというのです。

びっくりですよね。
でも数々教えて頂いていることの信用性から
(こんなこと言ったら怒られそうですが・・)
やってみることにしました。(*^_^*)

でもなかなか上手くいきません(>_<)
しなくていいと言われているのに横むいてしまったり
ラケットはたてたままでいいはずなのに横から振ってしまうのです。
身に付いた癖を直すのは根気がいりますね(T_T)

もう何度もレッスンしていただいてますが、
ようやく時々ではありますができるようになりました。

まっすぐ前を向いてラケットを立てて、
そこに前回の話の通りかかとから足をしっかり出せば
ボールは回転がかかり、いいボールになるのです。
次の動作にも慌てずにいけます。

ビデオにとってもらってわかったのは
正しく打てた時は姿勢がいいのです。
軸がぶれず見た目も綺麗!!

今までのだと、前かがみになったり横にふらふらしたり
とにかく頭の位置がさだまりません。
言われた通りにやれた時は、正しく構えた形から
あまり変化なく身体が前に移動するだけです。
こんな簡単にみえることが実は大変だったのですね。

ちなみにまっすぐにたてたラケットは
ヘッド(ラケットのてっぺん)はそのままで
グリップエンド(握っているところ)を
足と一緒に前にだす感じです。

振るイメージはなくして下さい。
常にラケットは立てたままで始めるのがいいでしょう。
皆さんもぜひやってみて下さい。

ストロークも実は立てて構えるといいのですよ(^O^)/
次回はストロークの話しましょうかね(^。^)y-.。o○

byトミちゃん

タグ : ··