Team-PCS:二子玉川のパーソナルトレーナー。施術、各種スポーツの指導(テニス、野球など)、コーチ向けの指導方法もお伝えします。

【コラム】呼吸(2) 長息(ながいき)は長生き

2010年08月26日 · コメント(0) · コラム

静かで深く、長い呼気は健康につながります。
ブッダの教えでは、「息」という字は「自らの心」
つまり呼吸はあなたの心の状態を表すと言います。

「吸う」ことは、ためる、独り占めする、執着すること。
「吐く」ことは、執着を取り払う、心を浄化すること。

吐くとエネルギーを捨ててしまうような気がするなら、
それはあなたの感覚がずれていて、
欲深い状態になってしまっているということです。
吐くということは、出すことです。
心の汚れや執着を捨てるということにつながります。

出した分しか入ってきません。
吐くということは、心を空に、無にして、
シンプルに生きるということです。

吐いた分だけ入ってきます。
出し惜しみせず、思い切って吐ききってください。
心を浄化し、正しい心の使い方を身につけるのが、呼吸の力です。
頭の中はスッキリ、心も頭も青い空にするのが呼吸です。

声を出すのは、呼吸としてとらえると吐くことです。
吐かないと声は出ません。
声を出すのは、精神的にとても良いことです。

落ち着かない心、雑念。
このような自分から、心が穏やか、安らか。
落ち着きがあり、平常心の自分になれるのが呼吸なのです。

Fujimoto

タグ : ·